人をコントロールする3つの方法

よく催眠術では人をコントロールできると思い込んでる人が多いのですが、

実際のところコントロールしているわけではありません。







相手が持っている潜在的な力を引き出してるだけにしか過ぎません。







催眠術を学べばすごい力が得られると勘違いしていると、

後で辛い思いをします。







人をコントロールしたいと思うことが多いようなので、

人をコントロールする3種類の方法を少しだけ解説します。








催眠術・洗脳・マインドコントロールに分かれます。








催眠術に掛かると効果としては数分〜1日程度、人をコントロールしている様に見えます。


即効性があり、「手が固まる」や「飲み物の味が変わる」

、「幻覚が見える」など魔法のように見えることが魅力的です。


これは催眠術のショーや一発芸をやる方にオススメです。










洗脳では、薬物や暴力などを使い相手をコントロールします。


即効性があり依存もさせやすいのですが、

完全に犯罪になることが多いです。


ホストや暴力団などがこの手法を用いていることが多いです。










マインドコントロールでは、自発的に被験者に行動させコントロールしていきます。

時間や労力が必要となります。


即効性はないものの依存させると「あなたしかいない」「私のことをわかってくれる」「離れたくない」


という感情が出てきます。


この状態になるとマインドコントロールは解けにくくなります。






催眠はこれらのベースになっている為、催眠の事をわかるようになってくると

洗脳やマインドコントロールのやり方がわかってきます。






人をコントロールする事は簡単ではありません。

よく「簡単に人を操る」という事をうたい文句にしている人も多いのですが、

そういう人は、多くの経験から出来てきている事です。



そういったセミナーに行ってすぐ使えるようになる人はほんの一握りです。

私の知り合いも40万近くの洗脳の講習会に行ったのですが、結局使う事は

出来ませんでした。



うまくいくコツは失敗を重ねていく事が一番の近道になります。









限定15名様だけなので
ぜひ今すぐ受け取ってください︎


メールは迷惑メールに入る
可能性があります。
迷惑メールフォルダの
確認よろしくお願い申し上げます。


メールは3分以内にいきます。


 

タグキーワード
2014-08-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: