催眠術師をやっていると幻覚がなぜ起こるのか?
普段からどう起こせるのかなど考えたりします。

私は、怖い動画が好きでよく見たりするのですが、幽霊が写ってる映像のほとんどが、深いトランス状態(変性意識状態)に入る環境が出来ています。

深いトランス状態になると幻覚や幻聴を起こすことができます。

そのせいで幽霊という幻覚をみやすくなります。


もちろん、全部が幻覚というわけではありません。
私は、幽霊がいたらと本気で考えています。
ですが、今は半信半疑です。


催眠術で幻覚を見せるまでの流れをまずは書いていきます。

1 催眠術をやると伝える(前暗示)

2 被験性テスト(催眠が掛かりやすかのテスト)

3 深化法(催眠状態を深める)

4 運動支配(身体の動きを制限できる)

5 感覚・感情支配(感覚や感情のコントロールができる)

6 記憶支配(記憶を書き換えたり幻覚をみせたりできる)

7 完全覚醒(ゆっくり催眠状態から覚ます)


この順番で誘導します。



幽霊を見るまでの流れ
1 心霊スポットにいく(前暗示)

2 そこに向かうと寒気や異様な気配を感じる(被験性がある人が感じる)

3 時間が経つに連れてその感覚が増す(催眠状態が深まる)

4 何かを見ると錯覚を起こし、小さな音が人の声に聞こえたり、木や影が顔に見えたり、幽霊に見えたりする(幻覚・幻聴)

だいたいこの流れが多いと感じます。
そこで幽霊を意図的に見せる為にポイントを書いていきます。



幽霊を見る為のポイント

1 前暗示で幽霊が出ると伝える

2 できる限り暗く意識を一つの事に集中でき、外部の情報が遮断できるようにしておく

3 湿気のある場所などが適している。気温の変化が起きる
環境の影響により咳き込んだり、体調が悪くなる。
(体の変化に意識が向きやすくなる)

4 何時に幽霊が出ると伝える
(時間がスイッチの役目をし、その時間になったら体が何かの変化をとらえやすくなる)

5 集団でいった場合、一人の人の被験性が高ければ、その人が「幽霊を見た」といえば皆が集団催眠状態になり幻覚・幻聴が起こりやすくなる。



これを上手く使えば心霊スポットで無くても幽霊を見せられる可能性は高くなります。

私は幽霊を否定する気もありません。もしいるのであれば皆に証明出来るような実験が出来ないかと考えています。

皆さんの今までの心霊体験や、必ずポルターガイストなどの現象が起きる場所などあればコメント欲しいです。

最近、催眠術が使える様になるDVDも出したので興味があれば購入していただけますと嬉しいです。

個人的にしか今の所出していませんので、ホームページのお問い合わせか
らDVD購入で連絡していただけると助かります。

催眠術を学ぶなら
ホームページ
↓↓↓

無料催眠テニックメルマガ

タグキーワード
2015-01-19 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

« コンプレックスが解消される自…  |  三分でコンプレックスがなくな… »